【Twitter】不正アクセス(乗っ取り)を確認!ログインの位置情報を知る方法

投稿日:

スポンサーリンク

kiwamiです。

今回は「Twitterの不正アクセスを確認!ログインの位置情報を知る方法」についてご紹介します。

誰もが不正アクセスの危険に晒されている?

ネットのサービスと「不正アクセス」は切っても切れない関係です。誰もがその危険に晒されているし、十分に注意をする必要があります。

主に不正アクセスは「パスワードを複雑にすること」で防ぐ事が出来ます。アルファベットと数字を意味なく複雑に16文字程度並べれば、まず不正アクセスの被害にある事はないはずです。

 

ですがもし、Twitterの不正アクセスを疑われる自体になった時、それをどの様に確認すればいいのでしょうか?

これはTwitterの機能を使って簡単に確認する事が出来ます。以下で手順を説明しますので、ご参照下さい。

Twitterアクセスの位置情報を知る方法

2015年に、Twitterに新しい機能が搭載されました。この機能を使う事により、過去数件分のログイン情報(時間、位置情報など)を知る事が出来ます。

※この機能は現在、PCのみで仕様できます。iPhoneとAndroidでは使用出来ません。

 

スクリーンショット 2016-03-07 19.22.06

パソコン版のTwitterにログインをし、右上のアイコンクリックから「設定」を選び・・

 

スクリーンショット 2016-03-07 19.22.28

一番下に表示されている「Twitterデータ」を選択します。

 

スクリーンショット 2016-03-07 19.22.35

パスワードを求められるので入力します。

 

スクリーンショット 2016-03-07 19.24.38

すると上の様に、「ログイン履歴」として、そのアカウントへアクセスした時間と国、そしてIPアドレスが表示されます。

不審なものがある場合は要注意です。

上の画像の場合途中に「アメリカ」とありますがこれは「IFTTT(イフト)」というサービスを使用した為です。なので問題はありません。

 

もしも問題を発見した場合、不正アクセスの可能性があります。

パスワードを複雑なものに変更するなどして、直ちにアカウントの安全を確保する様にしましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-Twitterの裏技・お得ワザ

Copyright© Twitterの極み 〜使い方・裏技・小ネタ大全〜 , 2017 All Rights Reserved.