Twitterの「リプライ」が届かない3つの原因

スクリーンショット 2016-03-25 12.30.10

kiwamiです。

Twitterには「リプライ」という機能があります。リプライとは「返信」を意味していて、特定の相手にツイートを送る事を言います。

このリプライが相手に届かない・・・という事がまれにあります。今回は「Twitterのリプライが届かない3つの原因」についてご紹介します。

スポンサーリンク

Twitterのリプライが相手に届かない3つの原因

Twitterのリプライが相手に届かない原因は、主に以下の3つが考えられます。それぞれ確認してみて下さい。

①リプライの形式が間違っている

Twitterのリプライには「正しい形」というものがあり、これを間違えると相手にリプライとして届かず、誰にも気付いて貰えなければ「一人で勝手に呟いているだけ」の状態になります。

リプライの形式には以下の2つのルールがあります。

  1. 「@○○○○」の形で、リプライを飛ばす相手を指定する(ユーザー名を入れる)
  2. 「@○○○○」の後ろにスペースを入れる

上の2つを守って入力すると、「@○○○」の部分が青字や赤字になるはずです(普通の文章は黒字)。「@○○○」の部分が黒字のまま・・・という時には、上の条件が見たせていない可能性があります。確認してみて下さい。

②自分のアカウントが非公開になっている

非公開のアカウント(鍵垢)からのリプライは、見え方が制限されます。

  • A(あなた)→非公開アカウント
  • B(あなたがリプライを送りたい相手)

とした場合、AとBが相互にフォローし合っていればAからのリプライをBは読む事が出来ますが、BがAをフォローしていなかった場合には、AがBに送ったリプライをBは読むことが出来ません。

相互フォローの状態にするか、自分のアカウントの非公開を一旦解除してみましょう。

③Twitterのバグ・不具合

身もふたもない話ですが「そもそもTwitterがおかしくなっている」という場合がたまにあります。「どう考えても送れるはずなのに、おかしい」という場合には、バグや不具合がTwitterに発生している可能性があります。

その場合はアップデートによる修正を待つしかありません。調べても調べても原因が分からない場合には、ちょっと待ってみましょう。

Twitterのリプライが送れない原因は、ほとんどの場合、上の3つに絞られるはずです。一度確認をしてみる事をオススメします。

スポンサーリンク