【Twitter】フォローリミット(上限)の条件は?

kiwamiです。

今回は「Twitterのフォローリミット(上限)の条件」についてご紹介します。

スポンサーリンク

Twitterのフォローリミット(上限)の条件について

Twitterでは他のユーザーの事を自由にフォローする事が出来ますが、そこにはリミット(上限)が設けられています。これは手当たり次第にフォローをして、宣伝行為のみを繰り返すスパム業者への対策の意味があると思われます。

フォローの上限、制限について具体的に決まっているのは以下の2つです。

条件① フォローの上限は5000ユーザーまで

Twitterのフォローの上限は5000ユーザーまで、となっています。ですがこれは「最初の上限」と言うべきで、「フォロワー0人のアカウントでも5000フォローまではできる」という意味です。

つまりこの上限は、自分のフォロワー数によって引き上がっていきます。具体的にどの様な条件で引き上がっていくかについては公表されてませんが、少なくとも「自分のフォロワー数と同じ数まで」は確実に引き上がります。

例えばフォロワー数260万人の篠田麻里子さんであれば、240万人まではフォローできる、とうことですね。

ちなみにこの「5000ユーザーの上限」ですが、以前は2000ユーザーが上限となっていました。その後は確か、自分のフォロワー数×1.1倍くらいの上限に引き上がって行ったはずです。5000ユーザーに上限が引き上がられた今回も、この基準は変わっていないかも知れません。

なぜ今フォロワーの上限を上げたのか・・についてはよく分かりません。そこまで一方的にフォローをする必要は一般人にはありませんから、業者の参入障壁を低くしたという事でしょうか?

条件② 1日にフォローできるのは1000ユーザーまで

1日にフォローできる上限は1000ユーザーまでと決まっています。これも随分と基準が緩くなりました。以前はこの様な上限の公表はされておらず、確か1日に100名のフォローが凍結への危険水域だったはずです。

しかし「1日1000ユーザーまではフォローしまくっても凍結されない」という訳ではなく、やり方によっては凍結の対象になる・・・とも考えられるので、油断は禁物です。

フォローリミットに引っかかったらどうする?

フォローリミットに引っかかって、でもまだフォローしたいユーザーがいる・・・という場合には手段は2つです。それは「自分のフォロワーを増やす」か「フォローを外す」という方法です。

「フォローを外す」については一気にやり過ぎるとやはり凍結の対象になるので、注意して下さい。

スポンサーリンク