【Twitter】設定してもリツイートを非表示にできない原因

スクリーンショット 2016-03-28 11.08.20

kiwamiです。

今回は「Twitterでリツイートを非表示設定にしたのに非表示にならない原因」についてご紹介します。

【関連】Twitterで特定の相手のリツイートを非表示にする方法

上の記事を書いたときに僕も実際にあるユーザーのリツイートを非表示にしてみました。なんですが、なぜかどれでもリツイートは表示されています。

設定がおかしかったのかな?と確認しましたが、やはり間違ってはいません。設定は正しいのにリツイートは表示されたままなのです。これはなぜ??

気になったので調べてみました。するとリツイートを非表示に出来ないシチュエーションがある事が分かりました。以下で説明して行きます。

スポンサーリンク

リツイートを非表示にしても非表示にならない場面がある!

実はリツイートを非表示設定にしても、その設定が反映される場面は限られています。どこでもリツイートが表示される訳ではないのです。

それではいったいどんな場面で、非表示にしたはずのリツイートが表示されてしまうのでしょうか?今のところ以下の事が分かりました。

① 相手のプロフィールページからツイートを見るとリツイート非表示にならない

相手のプロフィールページに飛んで「ツイート」を選択してツイートを見た場合には「リツイート非表示」の設定は反映されません。まるまる全部完全版のツイートが全表示されます。

② 相手をリストに入れてリストから見るとリツイート非表示にならない

リスト作成してリストからツイートを作成した場合、その中の人をリツイート非表示設定していても関係なくリツイートは完全表示されます。なにも関係ないです。全表示です。

③ 要するに自分のタイムラインから見た時だけリツイート非表示になる

①と②を踏まえると、どうやらリツイートの非表示が有効になるのは「自分のタイムラインを見ている時だけ」の様です。僕が「リツイートを非表示にしたのに非表示になっていない!」と思ったのは、相手のプロフィールページからツイートを見ていたせいでした。

プロフィールページはともかく、リストに関してはリツイート非表示を反映させて欲しいですが、今のところそうはなっていない様です。

残念ですが、仕様として覚えておきましょう。「設定したのに!」と戸惑うより幾分かマシですからね。

スポンサーリンク