【Twitter】怖い&迷惑なDMを拒否する設定方法

kiwamiです。

TwitterにはDM(ダイレクトメール)という機能があります。DMを使えば通常のツイートとは違って、二人以外誰にも見えない密室状態のやりとりをする事が出来ます。

使い様によっては便利・・・なのですが、これを悪用してスパムまがいの宣伝メールを突然送ってくる様なアカウントもあります。他にもこちらの望まない様なDMが送られてくる事もあるでしょう。

そんな時は、DMの受信設定を変更するのがオススメです。以下の方法で迷惑なDMをシャットダウンしましょう。

スポンサーリンク

TwitterのDMを拒否する設定方法

TwitterでDMを送る事が出来る条件は以下の様になっています。

  1. 相手からフォローされている
  2. 相手が「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」の設定をオンにしている

上の2つのどちらかを満たしていればDMを送信出来ます。

まず①ですが、「自分のフォロワー」にしかDMは送る事が出来ません。DMを送る側が相手をフォローしているかどうかは関係ないのです。ですから怪しい相手はフォローしない、フォローを返さない、ということが迷惑DMの対策となります。

そしてその上で、②の設定をオフにする事は迷惑DM対策の必須項目となってきます。これがオフになっているとスパムメールが自動送信で山の様に届く可能性もあります。

以下で設定方法をご説明します。

「すべてのユーザーからDMを受け取る」の設定をオフにする方法

この設定はiPhone・Android・PC全てから行う事が出来ますが、なぜか全部ちょっとずつ手順や文章が違います。以下で説明します。

iPhoneの場合

  1. Twitterの「設定」を開く
  2. アカウントを選択する
  3. 「全ユーザーからメッセージを受信」をオフにする

Androidの場合

  1. Twitterの「設定」を開く
  2. 「プライバシーとコンテンツ」を開く
  3. 「全ユーザーからDMを受信」をオフにする

PCの場合

  1. Twitterの「設定」を開く
  2. 左の項目から「セキュリティとプライバシー」を選択する
  3. 「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」のチェックを外す

以上の方法(どれか1つでOK)で、DMを誰からでも受け取る設定をオフにする事が出来ます。(初期設定ではオフになっているはずです)

まとめ

迷惑なDMを拒否するには、

  1. 相手をフォローしない
  2. DMを誰からでも受け取る設定にしない

この2つの事が重要になってきます。

どちらが欠けても迷惑DMは送られてくる可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク