Twitterの画像保存ができない時の対処方法(iPhone)

スクリーンショット 2016-03-24 13.49.29

kiwamiです。

iPhoneのTwitterアプリには「画像を保存」する機能が付いていますが、これがうまくいかない時があります。その場合、iPhoneの設定で画像の保存をブロックしている可能性が高いです。

以下の内容をチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

Twitterの画像保存ができない時の対処方法

まずはiPhoneで画像を保存する方法をご紹介します。

【関連】Twitterの画像を保存する方法

上の記事にも書いていますが、下でも説明します。

スクリーンショット 2016-03-24 11.29.10

画像を保存したいツイートタップして、上の様な状態にします。この状態で画像を長押しすると・・

スクリーンショット 2016-03-24 11.29.35

上の様にメニューが展開されます。ここで「画像を保存」を選択すると画像が保存できるはずなのですが、

2016-03-24 11.28.16

上の様に「画像アルバム 写真へのアクセスを許可する」と表示されて、画像が保存出来ないことがあります。この場合、iPhoneの設定を変える事で画像が保存出来る様になります。

iPhoneの設定を変える手順

スクリーンショット 2016-03-24 13.42.30

iPhoneの「設定」を開きます。

スクリーンショット 2016-03-24 13.42.39

「プライバシー」を選択します。

スクリーンショット 2016-03-24 13.42.49

「写真」を選択します。

スクリーンショット 2016-03-24 13.43.00

「写真」の項目の中にたくさんのアプリが一覧で表示されたはずです。そしてその中にTwitterがあるので、右にあるスライダーをオンにします。

スクリーンショット 2016-03-24 13.43.11

スライダーがオンになりました。これがiPhoneでもTwitterの画像保存ができる様になりました。保存された画像は「写真」アプリから閲覧可能です。

ただし画像の権利は投稿者にあるので注意して下さい。

スポンサーリンク