Twitterがヘイトに関する規約改定!違反するとアカウント凍結へ

投稿日:

スポンサーリンク

kiwamiです。

Twitterが先日利用規約の改定をしたのですが、その中に「ヘイト」に関する記述がありましたのでご紹介します。

Twitterの「ヘイト」に関する規約改定

僕はこの事を聞いたとき「ヘイトって直接的に書いてあるのかな?」と思ったのですが、普通に書いてありました。

特定の人種、性別、宗教などに対するヘイト行為

人種、民族、出身地、信仰している宗教、性的指向、性別、性同一性、年齢、障碍、疾患を理由とした他者への暴力行為、直接的な攻撃、脅迫の助長を禁じます。また、以上のような属性を理由とした他者への攻撃を扇動することを主な目的として、アカウントを利用することも禁じます。

(via・Twitterルール

この部分は「Twitterルール」というページの中にある「攻撃的な行為」というところに書いてあります。「ヘイト行為」って書いてありますね。

 

TwitterはSNSの中でも吐出して緩い空間だと思います。そして実際に、「思ったこと」をそのまま口に出す人も多いです。(今やどっちもどっちな部分もあると思います)

「緩さ」はTwitterの良さだと思いますが、その緩さがまずい方向に動いてはいけないということでTwitter社としても釘を刺したのでしょう。

 

ちなみにこれに該当するとどうなるかと言うと・・・

以下のような行為をしているアカウント、およびこれに関連するアカウントは、一時的にロックまたは永久凍結されることがあります。

(via・Twitterルール

やはりアカウントの凍結となる様です。

 

匿名のSNSとは言え、そこに自らが出した情報から身元が判明するケースもあります。ネット上の事だからと軽く考えるのではなくて、人を批判する発言にはある程度の覚悟が必要になりそうですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-Twitterの話題

Copyright© Twitterの極み 〜使い方・裏技・小ネタ大全〜 , 2017 All Rights Reserved.