Twitterのリプライは他人には表示されない?表示するには?

kiwamiです。

今回は「Twitterのリプライは他人に表示されない?表示するには?」ということでご紹介します。

リプライというのはTwitterにおける「返信」だったり「特定の相手に対するツイート」だったりするのですが、実はこれには「表示・非表示」に関する法則があったりします。以下で説明していきます。

スポンサーリンク

Twitterのリプライが他人に表示される&されない条件

Twitterのリプライとは「@○○○」のついた、ちょっと個人的なやりとりだったりします。例えばAさんとBさんのやりとりになる訳ですから、基本的にはそれは他の人が見られる必要はないのです。

ですからTwitterのリプライには以下の様な法則が用意されています。

AさんとBさんのリプライを見るCさん、という場合

登場人物はAさんとBさんとCさんです。

AさんとBさんがリプライでやりとりをしていて、それはCさんのタイムラインからはどう見えるか?という例えを表にしてみます。

CさんはAさんとBさんをフォローしていない リプライは見えない
CさんはAさんだけフォローしている リプライは見えない
CさんはBさんだけフォローしている リプライは見えない
CさんはAさんとBさんをフォローしている リプライは見える

ザッと説明すると上の様になります。

つまりCさんのタイムラインにAさんとBさんのリプライが表示される条件は「AさんとBさんの両方をフォローしていること」となります。

リプライをフォロワー全員のタイムラインに載せる方法

上でリプライを自分のタイムラインで見る条件は「AさんとBさんの両方をフォローしていること」と書きましたが、ある方法を使えばフォロワー全員のタイムラインに載せる事も出来ます。

それは「@○○○」の前にドットを付ける事です。つまり「.@○○○」という感じでツイートを作成すればOKということになりますね。これは自分が行うリプライの時にしか使えませんが、必要に応じて使い分けをしても良さそうです。

リプライは本人のタイムラインからであれば誰でも見られる

ここまで「リプライを見る条件」について書いてきましたが、これはあくまで「自分のタイムラインに表示される条件」です。

リプライをした当人のアカウントページから「ツイート」を選択して閲覧すれば、フォローの状態に関係なく全てのツイート、リプライを見る事が出来ます。

誰にも見られなくない・・・・という場合にはDMを使う様にしましょう。もしくはLINEなど、別のメールアプリですね。

スポンサーリンク