【Twitter】ツイートを削除・非公開にしてもGoogle検索にヒットする原因

kiwamiです。

今回は「ツイートを削除や非公開にしてもGoogle検索にヒットする原因」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ツイートを削除や非公開にしたのにGoogle検索にヒットする?

スクリーンショット 2016-03-25 22.53.09

Twitterへの投稿やプロフィールページはGoogleのインデックス(検索結果に反映させる為に保存すること)の対象です。ツイート内容をコピペしてGoogleの検索にかければツイートがそのままヒットするはずです。

ですが、Googleにインデックスされたくないツイートやアカウントもあると思います。その場合はツイートの削除や、ツイート全体の非公開の機能を使って対応することが出来ます。

【関連】ツイートをGoogleの検索結果に表示しない方法

ですがこの方法を行った後でも、Googleの検索結果からツイートが削除されない場合があります。以下でその原因を説明します。

ツイートを削除してもGoogleの検索結果にヒットする場合

ツイートを削除したのにGoogleの検索結果にヒットする場合は、また古いインデックスが残っている可能性が考えられます。インデックスはすぐに削除される事はないので、情報が更新されるまで少し待つ必要があります。

ちなみに、ツイートをすでに削除してあれば、検索結果からアクセスしたとしても「このページは存在しません」と表示される事になります。

ツイートを非公開にしてもGoogleの検索結果にヒットする場合

ツイートを非公開にしても、非公開にする以前のツイートは検索結果に残り続ける可能性があります。(非公開にしている間のツイートはインデックスされません)

ですがGoogleのインデックスが最新の状態に更新されれば削除される可能性もあります。

まとめ

この様に、Googleのインデックスに関してはあくまでGoogleのペースに任せるしかありません。自分のツイートに関しては即座に非公開や削除を設定する事ができ、そこにアクセスをする事もGoogleの検索結果からはできません。

確実にコントロールできるのは自分のツイッターアカウント上の操作のみと思っておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク