【保護者向け】17歳以下の子供にTwitterを使わせない「機能制限」の方法

投稿日:

スポンサーリンク

kiwamiです!

今回は子供がいる親御さん向けの内容です。

実はTwitterには「年齢制限」の様なものがあり、設定によって「Twitterを使わせなくする」事が可能です。

Twitterは使い方によっては、子供には相応しくないアプリとなる可能性もあります。

以下の方法でTwitterを使用出来なくする事が可能なので、保護者の方は検討してみてもいいかも知れません。

Twitterには年齢制限がある?

Twitterには年齢制限があります。

これは「絶対ダメ」というレベルの規制ではありませんが、Twitterとしては一応の制限を設けています。

 

Twitterの年齢制限について

上の記事で書いていますが、Twitterのサポートページには「Twitterは13未満を対象にはしていない」という内容の記載があります。しかし「親の同意があれば使用OK」と読める内容も書いてあります。

つまりまとめると、「Twitterは13歳未満は親の同意なしに使ってはいけない」という事になります。

iPhoneでは「機能制限」によりTwitterを使用できなくする事が可能

iPhoneには「機能制限」という機能があり、これをオンにする事で、対象のアプリを使用不可にする事が可能です。

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「機能制限」を開く
  4. パスコードを設定する(すでに設定済みの場合はそれを入力してロックを解除する)
  5. 「App」を開く
  6. 「許可するAppのレート」を設定する

以上で「アプリ使用の年齢制限」を有効にする事が可能です。

 

iPhoneのアプリには年齢制限があり、その制限を有効にするのが上の設定だというワケです。

iPhoneのTwitterアプリの年齢制限は「17歳以上」となっているので、「17+」のチェックを外せば、そのiPhoneではTwitterが使えなくなります(すでにインストールされている場合、そのiPhoneからTwitterアプリが非表示になります)。

 

先ほどのTwitterサポートページに「13未満」という記載があったのに、iPhoneのTwitterアプリは何故か「17歳以上」という設定になっています。なんでやねんと言いたくなる違いですが、とりあえずそういう事になっています。

Androidの場合の対応

Android版のTwitterアプリの場合、iPhone版とは年齢制限の内容が異なっています。

上の画像にある通り、Android版のTwitterアプリは「12歳以上(保護者の判断を推奨)」が対象となっています。

しかも今のところ、AndroidスマホにはiPhoneの様に、強制的にアプリの年齢制限を有効にする設定はない様です。

 

Androidスマホの場合、子供にTwitterを使わせない方法は「Twitterに報告する」というものがあります。

Twitteのサポートページには「13歳未満が利用する場合は親の同意が必要」とあります。

ですから13歳未満の子供の親御さんであれば、「私はこのアカウントの持ち主の親です。この子は13歳未満です。親である私は利用に同意していません」と申し立てる事によって、アカウント停止の処分をしてもらう事が出来ると思われます。

 

Twitterサポート

通報は、上のTwitterサポートページから可能となっています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-Twitter問題解決

Copyright© Twitterの極み 〜使い方・裏技・小ネタ大全〜 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.