【Twitter】勝手にフォローが外れる4つの原因

kiwamiです。

今回は「Twitterで勝手にフォローが外れる原因」についてご紹介します。

Twitterでは気に入った相手や友だちなどをフォローする事が出来ますが、これが「知らないうちに外れている」という事がたまに起こります。

考えられる3つの理由について、以下で説明します。

スポンサーリンク

Twitterでフォローが勝手に外れる4つの原因

① ブロックされた

Twitterではブロックをすると、フォローが相互に外れます。

なので勝手にフォローが外れている場合、相手にブロックされた、という可能性も考えられます。

【関連】Twitterでブロックされているか確認する方法

ブロックをされているかどうかの確認方法は、上の記事を参照下さい。

しかし「ブロックされていなかった!」という場合にも、「フォローが外れたのはブロックのせいだった」という可能性はあります。

これは「ブロックをして、すぐにブロック解除した」可能性があるからです。

この「ブロックをしてすぐにブロック解除」は相互のフォロー外しのテクニックとして使われる事があります。

「関係を絶ちたいけど、ブロックはバレるし面倒なことになるかも・・・」

と考えて、ブロックから即ブロック解除の相互フォロー外しを使う人がいるのです。

これならバレても「あれ?おかしいね?不具合かな?またフォローしとくね!」とごまかすことが出来たりします。

そして再度、またフォロー外しをする・・・ということも可能です。

(もちろん以下で説明する理由の様に、悪気のないものもあるので、疑うのは慎重に・・・)

② 知らないうちにフォローを外した

Twitterのフォロー&アンフォローはワンタッチで出来てしまう為、知らない内にフォローしていた、また、フォローを外していた、という事が起こります。

そんなに頻繁に起こる事でもないはずですが、一応気にしておいた方が良さそうです。

③ バグ

まれに原因不明の、Twitterのバグによると思われる「勝手にフォローが外れる」という現象が起こる事がある様です。

これは基本的に「Twitterのアップデートを待つ」しかなさそうです。

【関連】Twitterアプリを自動でアップデートする方法

④ ハッキング

これは一番レアなケースだと思いますが、アカウントを乗っ取られてしまい、フォローを勝手に外される・・・という事がある様です。

これはパスワードを複雑にする、などして対応するしかないでしょう。

【関連】不正アクセスを防止する強力なパスワードの条件

また、連係した(された)アプリが悪さをしている可能性もあるので、Twitterの設定から連係アプリを確認してみる必要もありそうです。

【関連】Twitterの連係アプリの解除方法

スポンサーリンク