【Twitter】通報の効果で実際どうなる?嫌がらせの通報は見抜けるの?

スクリーンショット 2016-03-27 22.02.38

kiwamiです。

今回は「Twitterの通報で実際どうなる?」ということでご紹介します。

Twitterには通報の機能がありますが(実際には「報告」)、これを行う事で相手にはどんな影響があるのでしょうか?中には「嫌がらせの通報」もあるはずですが、Twitterはこれを見抜くことができるのでしょうか?

スポンサーリンク

Twitterで「通報」すると実際どうなる?

Twitterでは問題のあるユーザーを通報(報告)する事が出来ます。ですがこれによって実際にどうなるのか?についてはハッキリとはしておらず、Twitterの裁量に任されているものと思われます。

そもそもユーザーは通報によって裁かれるのではなく、もともとあった規約に違反していることで裁かれます。通報はその為の情報提供だということになります。

規約によれば、迷惑行為などTwitterの定める違反行為をしたアカウントは「凍結」の状態になります。凍結は解除される可能性もありますが、凍結を繰り返すと「永久凍結」となり、そのアカウントの復活は不可能になります(新しくアカウントを作り直す事は可能)。

「嫌がらせの通報」は見抜ける?

通報の中には「嫌がらせの通報」、つまり「ウソの通報」というものあるようです。気に入らないユーザーが凍結をされる様にウソの通報をしてしまうらしいのですが、これをTwitterは見抜けるのでしょうか?

通報は「ただちに凍結」にする為の基準ではなくて、あくまで「これからチェックするためのフラグ」となります。通報者が「コッチ見に来て下さい。違反者がいます」と言い、Twitterは「今から見に行くね」という関係にあると思われます。

ですからウソの通報であれば(ウソの内容にもよりますが)Twitterが確認して「問題ナシ」とする可能性が高いでしょう。

もしも間違って凍結などのペナルティを受けた場合でも、異議申し立てをすれば凍結解除される可能性が高いです。

1万人のユーザーが一度に嫌がらせの通報をしたならかなりの効果がありそうですが、1人のユーザーによる嫌がらせであれば、それによってペナルティを受けるなどのことは考えにくいです。

むしろ嫌がらせをした相手が凍結されるかも知れません。問題行動をしていないのなら、堂々とそれを訴えれば問題ないでしょう。

スポンサーリンク