【Twitter】ブロック「した方」&「された方」の違いは?どうなる?

スクリーンショット 2016-03-29 20.36.19

kiwamiです。

今回は「Twitterのブロックをした方とされた方はどうなる?」ということでご紹介します。

Twitterには相手との関係を遮断するための方法として「ブロック」という機能がありますが、これをした時、一体どんな事が起こるのでしょうか?また、された方にはどんな事が起こるのでしょうか?

以下にまとめてみました。

スポンサーリンク

Twitterのブロック「した方」と「された方」でどうなる?

Twitterのブロックをした方とされた方での違いを調べてみたのですが、どちらもほとんど同じであることが分かりました。

ですので同じ項目にまとめています。

ブロックする&されるとどうなる?(共通の効果)

①ブロックの通知は?

ブロックの通知は、した方にもされた方にも行きません。ブロックの通知が行くのでは?と怖がる必要はないし、また「通知が来ていないからブロックされていない」と安心出来るものでもありません。

外部のサービスを使えば、ブロックについて「ある程度の目星」を付ける事は出来ます。

【関連】ブロックされたかどうかが(だいたい)分かる「ひすったー」の使い方

②フォローの状態はどうなる?

フォローは相互に外れます。ブロックされた方もされた方も、お互いにフォローのない状態となります。

ちなみにブロックはフォローの状態に関係なく可能です(フォローしていない相手も前もってブロック出来る)。

③ダイレクトメールの送受信はどうなる?

ダイレクトメールの送受信はお互いにできなくなります。

④相手の事を検索できる?

相手の事を検索する事は出来なくなります。これはお互いに同じ状況になります。

もしも相手のプロフィールページを見たいと思ったら、

スクリーンショット 2016-03-29 19.46.56

上の様にURLに直接ユーザー名を打ち込みましょう。

以下の記事でもう少し詳しく説明しています。

【関連】Twitterでブロックされたかを確認する方法

⑤ツイートは見られる?

お互いにツイートは見られない状態となります。

ただし「ブロックをした方」が「された方」のプロフィールページに行くと、

スクリーンショット 2016-03-29 20.30.32

上の様に表示され、「ツイートを見る」を選択する事で、一時的にツイートを見る事が出来ます。この操作をしてもブロックが解除されることはありません。

プロフィールページへの行き方は④を参照して下さい。

⑥プロフィールは見られる?

プロフィールはお互いに見られない状態となります。

ですが「ブロックをした方」であれば、⑤の方法を使えばプロフィールを一時的に閲覧出来る様になります。

まとめ

ブロックをした方とされた方がどうなるのか?については以上の様になります。当たり前ですが、「ブロックをした方」の権限の方が大きいですね。

ですが「ブロックをされたなんて許せない!むしろコッチもブロックをしてやりたい!」と思ったとしたら、それは可能なのでしょうか?

以下の記事で検証していますので、ご参照下さい。

【関連】Twitterでブロックしてきた相手をブロック返しすることはできる?

スポンサーリンク